賃貸お部屋探しガイド 【OCN不動産】

Step2

引越しまでにかかる費用はどれくらい?

入居時にかかる費用

賃貸で入居するときにかかる費用は、首都圏の場合、およそ家賃の6ヶ月分と言われています。
最近は敷金なし、礼金なし物件なども増えてきていますが、引越しや家具を買う費用も考えると、それなりの金額を用意しなければなりません。できるだけ余裕をもって予算を考えておきましょう。

入居時費用の内訳を理解しよう!

礼金とは

賃貸物件に入居するとき、必要とされる礼金は家主に対して支払われるものです。礼金は、その物件から引越ししても戻ってきません。礼金の額は物件によって異なりますが、およそ家賃の1~2ヵ月分が多いようです。

※礼金を支払うのは、賃貸借契約を正式に締結するときです。お部屋探しや入居申込書の提出時には、礼金を支払う必要はありません。

礼金ゼロの物件

首都圏では、礼金なし物件も増えてきました。礼金ゼロの物件の多くは、特定優良賃貸住宅の融資等で建設された物件です。この融資を受けた物件では、家主が入居者から礼金や更新料を受け取ることができません。UR都市機構の物件や、家主が自主的に礼金をゼロにしているものもあります。

敷金とは

賃貸物件に入居するとき、敷金を家主に預けておきます。敷金はあくまでも預けておくものですから、退去するときには原則として戻ってきます。家賃を滞納している場合や、入居者の負担で部屋を補修する必要がある場合(必ず契約内容を確認してください)には、その金額が敷金から差し引かれることになります。

首都圏では、敷金の額はおよそ家賃の2~3ヵ月分です。一部地域では家主に預け入れた敷金(保証金)の一部を退去時に償却する「敷引」と呼ばれる制度を採用している場合もあります。最近では、礼金ばかりか敷金なしの物件も増えてきています。その代わり、退去時に原状回復に関わる費用を請求されることがあります。

敷金・礼金なし物件の特集を見る

仲介手数料とは

仲介手数料は、家主と入居者との仲立ちをした不動産会社に支払うものです。仲介手数料の金額は「家賃1ヵ月分を上限」とするよう法律で決められていますが、消費税がプラスされます。

仲介手数料ゼロの物件

賃貸住宅の広告に「取引態様」という欄があります。この欄には「媒介・代理・貸主」という3つの言葉のどれか1つが書かれています。取引態様が「媒介」または「代理」の場合、その広告を出している不動産会社が物件を仲介しています。入居者は、その不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

取引態様の欄に「貸主」と書かれている場合は、その不動産会社が自社の所有物件を貸すという意味です。入居者は貸主と直接契約することになるので、仲介手数料は一切不要です。

貸主物件の特集を見る

前家賃とは

前家賃は、入居を開始する最初の月の家賃です。

たとえば、8月に契約して9月から入居を開始するとき、9月分の家賃を前もって支払います。月の途中から入居する場合は、前家賃として、その月の家賃(入居する日から月末までの日割り家賃)と翌月分の家賃を、一緒に支払うことが多いようです。

火災保険など

賃貸では法律上、借主に火災保険の加入義務はありませんが、入居条件として火災保険への加入を求められることが一般的です。火災や水漏れトラブルなどの損害から自分自身を守るためにも、家主やご近所に与えた損害に備えるためにも、火災保険への加入が必要になってきます。通常は2年契約で保険料は,おおよそ1万5千円から2万円程度です。

その他

鍵の交換料、消臭代、害虫駆除代などが発生するケースがあります。不動産会社によって方針が違ったり、オプションであることが多いので、契約前によく確認してください。

引越し費用

賃貸物件に入居するときは、引越し費用が発生します。金額は、荷物の量や移動距離で違ってきます。また、引越し会社によっても見積もり額は違ってきます。引越しシーズンともなると金額も高くなりますし混み合いますので、ご注意ください。

OCN不動産・賃貸では、サイトで220社以上から一番安い引越し会社を探すことができます。最大10社に一括見積もりを無料で依頼できますので、ご利用ください。

引越し料金無料一括見積もり

ページの先頭へ