「建売住宅」vs「注文住宅」どっちがおトク? - OCN不動産

「建売住宅」vs「注文住宅」どっちがおトク?

「建売住宅」vs「注文住宅」どっちがおトク?

一戸建て住宅を買おうとするときには、「新築」か「中古」かという選択と同時に、新築であれば「建売住宅」か「注文住宅」かという選択も必要です。今回はこの「建売住宅」と「注文住宅」について、それぞれの違いをみていくことにしましょう。

買いやすいのは「建売住宅」

不動産会社が仕入れた土地に新築住宅を建て、敷地と建物とをセットで販売するのが「建売住宅」です。それに対して「注文住宅」では、すでに持っている土地がないかぎり、敷地探しの段階からスタートしなければなりません。

売買契約の面でも「建売住宅」なら売主業者との間で1回の契約をするだけですが、「注文住宅」では土地購入の契約に加え、ハウスメーカーまたは工務店との間で建築工事請負契約を結ぶことになります。それとは別に、建築士との間で設計や工事監理に関する契約が必要になる場合もあります。

「注文住宅」のときには自分自身が施主として、建物の設計から施工、完成までの各段階で関わっていくことになりますから、あまり時間の余裕がない人にはハードルが高くなるでしょう。

自分のこだわりを実現できるのは「注文住宅」

最近は「建売住宅」でもさまざまな設備が充実しているものの、それらは万人の好みに向けて無難なものに留まりがちです。自分のこだわりや希望をできるかぎり追求しようと思えば、「注文住宅」のほうが有利です。

地下室を作りたい、防音設備を取り入れたシアタールームを作りたい、自分の趣味に合わせた特別な部屋を作りたい、自分の好みを反映したデザインの家にしたいなどといった希望は、「注文住宅」でなければなかなか実現できません。

現物を見てから買える安心感なら「建売住宅」

「注文住宅」なら自分のこだわりを取り入れた家ができるとはいっても、実際の建物を見て検討をすることはできません。建物が完成してみたら、事前のイメージと大きく違っていたという失敗もありがちです。

それに対して建物完成後、または完成間近になって売られることの多い「建売住宅」の場合には、実際の建物を細かくチェックして納得のうえで買うこともできます。

ただし、建築工事の過程を詳細に確認できる安心感で考えれば「注文住宅」のほうが有利です。

より上質な住まいを求めるのなら「注文住宅」

住宅の性能や構造、設備などは、以前に比べて「建売住宅」と「注文住宅」の差がなくなってきているようですが、それでも「建売住宅」ではコストダウンを重視して「並」のレベルに留まっている例も多いでしょう。

もちろん「注文住宅」でもコストを切り詰めれば「並」の建物になりますが、それなりの費用をかけることによって、性能アップを図ったり、上質な設備を取り入れたりするなど、高級感の感じられる住まいにすることは可能です。

資金計画が立てやすいのは「建売住宅」

「建売住宅」は一般的に「注文住宅」よりも割安のうえ、初めに売買総額がはっきりと分かります。その支払いも契約締結時に手付金、引き渡しを受けるときに残金など、あらかじめ資金計画を立てやすくなります。

それに対して「注文住宅」では、先に土地を買った場合にはその支払いを済ませ、建築工事に対しては、たとえば着工時3割、上棟時3割、引き渡し時4割など、段階ごとの支払いを求められます。また、建築士に対する設計料や建築確認費用、地盤調査費用、その他の付帯工事費用など支払いを要するタイミングが多く、予定外の追加費用が発生することも少なくありません。

ただし、ある程度まで規格化された「注文住宅」をローコストで提供するハウスメーカーや、支払い方法などを簡素化して施主の利便性を考えているハウスメーカーもあります。住宅への要望がそれほど多くなく、標準的な仕様で考えれば、「注文住宅」を比較的安価に建てられる場合もあるでしょう。

自分で建てる楽しみを味わえるのは「注文住宅」

自分で家を建てるという過程を楽しむことができるのは断然「注文住宅」です。それなりに苦労が多く手間もかかりますが、そのぶん建物が完成したときの達成感も大きくなるでしょう。

また、将来のことを考えてバリアフリー仕様にしたい、あるいはバリアフリー工事に備えて下地を備えておきたいなどという場合には「注文住宅」のほうが有利です。さらに高齢の夫婦二人だけの住まいなどでは、「部屋数は少なくて良いからゆったりとした間取りにしたい」「建物自体は小さくて良いから庭を広めにしたい」などという要望を叶えられるのも「注文住宅」です。

自分たちが長く住むことを前提に、家族構成や将来のライフスタイルも考えて自分たちに合った「注文住宅」を建てれば、長い目でみたときに「注文住宅のほうが割安だった」という結果になることもあるでしょう。

さらに、「注文住宅」では工事現場の職人さんたちと接する機会が生まれますから、家づくりの舞台裏を知ることで、自分の家に対する愛着が大きくなるかもしれません。

「建売住宅」vs「注文住宅」メリットとデメリットは?

  • 建売住宅
    •  メリット
    • ・ 一般的に「注文住宅」よりも割安
    • ・ 実際の建物を見て購入の判断ができる
    • ・ 購入の流れが簡潔で資金計画が立てやすい
    • ・ 別に土地を探す手間はいらない

     

    • × デメリット
    • ・ 建築中に内部構造などをチェックできない
    • ・ 隣家との間隔が狭く窮屈なこともある
    • ・ 性能や構造などは並のレベルに留まりがち
    • ・ 仲介業者が間に入る場合には手数料が必要
  • 注文住宅
    •  メリット
    • ・ 自分のこだわりや希望を実現しやすい
    • ・ 建築工事の過程を確認できる
    • ・ コストをかければ高級な家にすることができる
    • ・ 「自分で家を建てること」を楽しめる

     

    • × デメリット
    • ・ 設計の打ち合わせをはじめ、手間は多くなる
    • ・ 資金計画が複雑になりがち
    • ・ 予定外の追加費用が発生することもある
    • ・ 完成してみないと分からない部分も多い

いかがでしょうか?「建売住宅」と「注文住宅」あなたならどちらを選びますか?

物件の価格を実際に調べてみよう
  • 新築分譲一戸建て物件を調べる
  • 中古マンション物件を調べる
  • 土地を探す
平野 雅之(不動産コンサルタント)
平野 雅之(不動産コンサルタント)

個人向け相談業務などを取り扱う不動産コンサルタント会社「リックスブレイン」代表。20年余りにわたり、東京都や神奈川県を中心に不動産媒介業務(売買)に携わる。取引実務に精通する専門家の立場から「現実に即した実践的な情報」を、消費者に分かりやすく解説している。

■近著
絶対に失敗しない! はじめての「マイホーム」(大和出版)

検索履歴

最近検索した条件

 

最近見た物件

 
NTTデータ スマートソーシング
シリーズ どっちがおトク?
こんな街で暮らしたい

OCN × 楽天ショッピング

OCN不動産について

ページの先頭へ