こんな街で暮らしたい・門前仲町駅のクチコミ - OCN不動産

門前仲町駅周辺の住みやすさ・口コミ・評判情報

掲載日:2008/11/17

こんな街で暮らしたい!

「下町情緒を楽しむ街」

富岡八幡宮の別当寺だった永代寺(明治初年に廃寺)の門前町として発展してきた門前仲町。富岡八幡宮や深川縁日のお祭りなど、今も江戸の空気感をまとっているようだ。永代通りを中心に商店街も発展して、古くから続く甘味処やレストランも多いので、毎日の買い物やちょっとした外食にも事欠かない。史跡も多く残されていて、下町情緒を愛する人にはたまらないエリアだ。

門前仲町ってどこにあるの?

高円寺ってどこにあるの?

口コミ

  • 男性
  • 40代
  • 2世帯
5.0
  • 2009年より前~2015年現在
  • 江東区富岡 / 駅から徒歩10分以内
満足ポイント
  • 自然・環境門前仲町はその名の通り有名な深川八幡(正しくは富岡八幡宮)そして深川不動(正しくは成田山深川不動尊)の門前町です。付近は神社やお寺が点在している緑多い地域です。
    昔からお芝居にも登場する歴史的な史跡があちこちにあり、散歩するにはもってこいのところです。夏には深川八幡のお祭りがあり、神輿が出て賑わいます。3年に一度のお祭りは本祭りと言われ、100を超す神輿が練り歩きます。住民はその神輿に水をかけ担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がるので、俗に「水掛け祭り」とも言われます。本当にこの地域ならではの楽しみな夏のイベントです。あと毎月1日・15日・28日はご縁日で屋台が出て安い果物・椎茸などが手に入るのも楽しみです。
  • 車の便利さ門前仲町は東西線と都営大江戸線が交差しているので、どこへ行くにも不便を感じません。バスも縦横に走っているので便利です。
不満ポイント
  • 買い物商店街やアブアブ赤札堂などで普段の買い物はできますが、家電製品やパソコン用品などを買いたいと思うと銀座に出て買うしかないです。商店街に昔ながらの電気屋さんはあるのですが、イマイチ品揃えがないのです。
  • 医療・介護歯医者さんはたくさんあるのに、なぜか内科のお医者さんがありません。皆無ではないのですが、あまり評判がいいとはいえません。ちょっとおなかが痛いときとか風邪を引いたとき少し遠くまで行かなくてはならずこの点は残念なところです。
  • 男性
  • 30代
  • その他
4.0
  • 2009年より前~2015年現在
  • 江東区福住 / 駅から徒歩20分以内
満足ポイント
  • 車の便利さ道路がずーっと通っており、車がちょっと停められるコンビニやコインパーキングなどもあるので便利です。近くに車で利用できる大型の商業施設もあります。
  • グルメ駅周辺はたくさんの飲食店(ファミレス)があり、それだけでなく有名な魚介系大衆居酒屋もあるので飲みに出るにもぴったりです。
不満ポイント
  • 自然・環境駅前は商業施設がたくさんあるのですが、自然環境はあまりないのでリラックスするには向いていません。自然といえば春川辺に咲く桜ぐらいでしょうか。
  • 遊び・イベント駅前に遊びスポットらしいものはあまり見当たりません。カラオケに飲食店、ちょっと歩いたところにゲームセンターがある程度で、レジャースポットとは言えません。
  • 女性
  • 30代
  • 夫婦・子供
4.0
  • 2009年より前~2009年
  • 江東区富岡 / 駅から徒歩10分以内
満足ポイント
  • 自然・環境東京都内なのに、周りに自然が結構あります。富岡八幡宮や深川公園、清澄公園など、のびのびできる所が多く、住民の皆さんも穏やかな方が多かったです。
  • 電車・バス地下鉄東西線と大江戸線の両方が走っているので、他の駅に用事があるときもとても便利です。バスも本数がそれなりにあって便利でした。
不満ポイント
  • 買い物安くて色々そろうスーパーというのが、近くにないです。スーパーはありますが、少々価格が高く感じました。
  • 治安お寺が周りに多いので、よく言えば閑静なのですが、夜は人通りが少なくなり、大通り以外はとても暗くなる場所もありました。

買う

門前仲町で
買うSHOPPING

庶民の味方は大型商店街&スーパー
広いエリアにわたって店が軒を連ねる深川仲町通り商店街に、清澄通り沿いに構える大型スーパーの赤札堂と、日常的な買い物にも不自由がないのは門前仲町の大きな強み。少量でも買える肉屋や八百屋もあるので、ひとり暮らしにもうれしい。

深川仲町通り商店街

[ 商店街 ]

「何でもそろう貴重な商店街」

永代通り沿いを中心に、門前仲町1・2丁目から富岡1丁目まで広がる充実した商店街。料理屋やレストラン、甘味処といった飲食店から食料品店、日用雑貨店、玩具店、本屋、さらには呉服店まで、ひと通りなんでもそろう。大通りから奥に入った路地裏にも個性的な店が数多くあり、飲食店の割合がやや高いものの、暮らす人にとってもその充実ぶりは魅力的。年に2回お中元シーズンと歳末にはセールも開催され、毎年恒例の福引会も同時に行われている。また、商店街の店で買い物するとポイントが貯まる「いきいきカード」も発行。こうしたほのぼのとした地元イベントに参加できるのも、下町暮らしの醍醐味のひとつだ。

深川仲町通り商店街

周辺マップ
住 所 東京都江東区門前仲町2-5周辺

赤札堂 深川店

[ スーパー ]

「創業92年モンナカ生まれの大型スーパー」

赤札堂洋品店として大正6(1917)年門前仲町交差点に創業し、今では地元の人たちの家計を守るモンナカ唯一の大型スーパーマーケット。7円や77円などの商品が並ぶ月に一度の「びっくり7」や「月曜の市88円」など、激安セールが赤札堂名物。週末には、インドマグロやホンマグロを1本丸ごと解体して相場の半値程度で販売するマグロの解体ショー(日曜日14:00~と16:00~計2回、月1回のみ土曜日15:00~)も開催する。ホンマグロの赤身なら 1柵1000円、中トロなら1500円と明らかにもうけ度外視の価格は、数年据え置きなのだそう。また毎週日曜日には店頭で朝市(9:00~9:40)も開催し、大勢の買い物客で賑わっている。やや物価が高そうなイメージのモンナカだが、心強い存在にひと安心。

赤札堂 深川店

周辺マップ
住 所 東京都江東区門前仲町2-10-1
電 話 03-3641-8345
営業時間 9:00~23:00

食べる

門前仲町で
食べるFOOD

下町らしいうまいものが目白押し
定食屋、小料理屋、ラーメン、パスタ、甘味処と、とにかく外食スポットには困らない門前仲町。最近は新旧の入れ替わりが激しくチューン店が増えたと嘆く声もあるが、地元の人々に愛されている小さな名店も健在なので探訪してみよう。

生麺工房 いたり家

[ イタリアン ]

「普段着で行けるカジュアルイタリアン」

小さなお店ながら、新鮮な野菜や魚介類を使ったパスタやアンティパスタを食べに地元の人たちが足しげく通うカジュアルイタリアン。パスタはすべて生麺を使い、乾麺では味わえないモチモチ感がたまらない。高菜のペペロンチーノやカブを具材にしたトマトスープスパ、味噌風味のクリームソースなど、下町らしく和の食材を取り入れたアイディアパスタがおもしろい。オーナーの実家で栽培したバジリコをペーストにして使ったり、八丈島に住む知人の漁師から直送してもらう鮮魚をカルパッチョにしたり、安心で安全な食材にもこだわっているそう。近所の定食屋さん感覚で、ふらりと立ち寄れるアットホームな雰囲気もいい。

おすすめメニュー Recommend

鳥から揚げと長ネギの和風南蛮 ¥937

味付けは和風の醤油ベースで、たっぷりのった海苔の香ばしいにおいが食欲をそそる。常連客が和風パスタにから揚げをのせて食べていたことから着想したという人気のオリジナルメニューのひとつ。

生麺工房 いたり家

周辺マップ
住 所 東京都江東区門前仲町2-9-1
電 話 03-3630-1109
営業時間 11:00~23:30(LO23:00)、土日祝 ~23:00(LO22:30)
休 み なし

甘味処 いり江

[ 甘味処 ]

「昭和初期からの歴史をもつ甘味処」

昭和初めにこんにゃくと寒天の製造元として創業した老舗。先代が大の甘党だったことから、昭和45年に甘味処へと転身したという。お店は毎朝開けるとすぐに、御使い物を買いにくる人や、あんみつやきしめんを食べにくる人で賑わう。甘味処が多い門前仲町のなかでも、特筆すべきはやはり寒天のおいしさ。2階の工房で、神津島産と大島産の天草をブレンドし煮詰めるところから手作りする。混ぜ物が一切入っていないので、寒天はほどよい弾力と優しい磯の香りをもつ本物の味わい。昔ながらのやり方で何時間もかけて炊き上げた自家製つぶあんや赤えんどう豆をたっぷり添えた、豆かんやあんみつで自慢の寒天を堪能しよう。

おすすめメニュー Recommend

小倉あんみつ ¥730

自慢の寒天に赤えんどう豆、求肥、つぶあんに、柔らかい甘さの黒蜜をかけて食べる。割れたものは出さないというこだわりの豆はふっくら、ほくほく。昼時には、甕で寝かせた特製の割り下に練りごまを加えたつゆがひと味違う温かいごまきしめん(630円)を目当てに訪れる人も多い。

甘味処 いり江

周辺マップ
住 所 東京都江東区門前仲町2-6-6
電 話 03-3643-1760
営業時間 11:00~19:00(LO)、土曜・日曜・祝日 11:00~18:00(LO)
定休日 月曜(但し、1、15、28日と祝日の月曜日は営業)

楽しむ

門前仲町で
楽しむENTERTAINMENT

下町らしく江戸の名残に触れる
長い歴史をもつ街らしく富岡八幡宮、深川不動堂、江戸資料館など、門前仲町は見どころが多い。平賀源内や松尾芭蕉、伊能忠敬といった歴史的人物も住んでいたというので、彼らもこの道を通ったかもと想像しながら歩いてみては?

富岡八幡宮

[ 神社 ]

「江戸名物として愛される水かけ祭りの舞台」

江戸時代の寛永4(1627)年に、菅原道真公の末裔といわれる長盛法印が砂州一帯を埋め立てて八幡宮を創祀したのがその始まり。富岡八幡宮といえば、江戸三大祭のひとつ深川八幡祭り(正式名称:富岡八幡宮の祭礼)。勇壮に練り歩く神輿は、古くから江戸名物であり深川っ子の自慢のタネだったとか。江戸時代に担がれていた総金張りの神輿は関東大震災の際に焼失してしまったが、境内には68年ぶりに復活・新調された日本一の神輿が展示されてある。ダイヤモンドやルビーで装飾された豪華絢爛な神輿は一見の価値あり。そのほかにも、資料館や横綱力士碑など、境内には史跡が数多く残っていてるのでぶらりと散歩してみよう。

おすすめアイテム Recommend

福縁銀杏守 ¥800

本殿の裏にある2本の御神木・大銀杏をモチーフにしたお守り。この大銀杏は関東大震災にも第二次世界大戦の戦火にも負けず、生き抜いた強い生命力をもつ。つがいになった銀杏が愛らしい。良縁を待ち望む人は、えんむすび銀杏守(800円)をどうぞ。

富岡八幡宮

周辺マップ
住 所 東京都江東区富岡1-20-3
電 話 03-3642-1315

深川縁日

[ 縁日 ]

「毎月3回、昔懐かしい露店にワクワク」

毎月1日、15日、28日に、門前仲町交差点周辺から富岡八幡宮までの永代通りの北側歩道と深川不動堂の参道にさまざまな露店が立ち並ぶ。大戦中は一時中断していたものの、すっかり荒廃してしまった地域を少しでも盛り上げようと、終戦後まもなくの昭和21(1936)年に早くも再開したという。お好み焼き、カルメラ焼き、ベビーカステラ、手相占い、前掛屋など、その多くは露店といえども何十年も出店してきた老舗の店。長く門前仲町の変化を見つめてきた店主たちばかりなので、買い物をしながら生き生き語られる昔の話に耳を傾けてみるのもまた楽しい。

おすすめスポット Recommend

中澤製菓のベビーカステラ 8個¥200

先代からベビーカステラを焼いて50年以上、深川名物のひとつ。露店ではおなじみの存在だが、外がサクサクで中はふわふわのこちらのベビーカステラは感動ものだ。その秘密は生地の配合にあるそう。冷めてしまっても硬くならないのも特長なので、おみやげにもおすすめ。

深川縁日

周辺マップ
住 所 東京都江東区富岡1-17-13周辺

アクセス

門前仲町の
アクセスACCESS

下町ながらビジネス街へ抜群のアクセス
下町情緒の残る街・門前仲町。街並みの雰囲気のよさもさることながら、東京メトロ東西線と都営大江戸線が通ることによるビジネス街への好アクセスも大きなポイント。日本橋、大手町、銀座などへは10分以内で、六本木へも20分以内!大手町、六本木からタクシーで帰っても4,000円以内なので、仕事が忙しいビジネスマンにおすすめ。

電車:門前仲町から

「goo路線サービス」

日本橋駅へ → 約4分(東京メトロ東西線快速)

大手町駅へ → 約5分(東京メトロ東西線快速)

銀座駅へ → 約9分(東京メトロ東西線快速~日本橋より東京メトロ銀座線)

六本木駅へ → 約17分(都営大江戸線)

タクシー(深夜割増):門前仲町まで

大手町駅から → 約1,400円~1,600円

六本木駅から → 約2,900円~3,400円

検索履歴

最近検索した条件

 

最近見た物件

 
NTTデータ スマートソーシング
シリーズ どっちがおトク?
こんな街で暮らしたい
OCN不動産について

ページの先頭へ