山陽明石駅(山陽電気鉄道本線)の新築マンション一覧 - OCN不動産

山陽明石駅(山陽電気鉄道本線)の新築マンション一覧

検索条件 : [路線]山陽電気鉄道本線  [駅]山陽明石

山陽電気鉄道本線

3

表示件数

選択した物件を

  画像 住所
最寄り駅
価格
最多価格帯
間取り
広さ
総戸数
up

ワコーレ明石ブライトショア 第2期

【月々返済7万円台~(予定)】「山陽明石」駅へ1駅2分、JR「明石」駅へ自転車4分。駅前再開発事業や中心市街地活性化により、ポテンシャルが高まるJR「明石」駅周辺エリアが生活圏。日々の暮らしに必要な各種生活施設も徒歩圏内に充実【全邸角住戸×全邸南東向き】二方角地の開放的な敷地に誕生<モデルルームOPEN[予約制]>

  • 電磁調理器(キッチン)
  • ペット可・ペット相談
  • セキュリティ充実
  • スーパーまで徒歩5分

兵庫県明石市西新町3

山陽電鉄本線「西新町」駅徒歩4分
JR山陽本線(神戸線)「明石」駅徒歩14分

2980万円・4550万円
-
2LDK・3LDK
53.18m2・70.19m2
18戸
  • 資料をもらう(無料)

物件名

up

ワコーレ明石ブライトショア 第1期

【月々返済7万円台~(予定)】「山陽明石」駅へ1駅2分、JR「明石」駅へ自転車4分。駅前再開発事業や中心市街地活性化により、ポテンシャルが高まるJR「明石」駅周辺エリアが生活圏。日々の暮らしに必要な各種生活施設も徒歩圏内に充実【全邸角住戸×全邸南東向き】二方角地の開放的な敷地に誕生<モデルルームOPEN[予約制]>

  • 電磁調理器(キッチン)
  • ペット可・ペット相談
  • セキュリティ充実
  • スーパーまで徒歩5分

兵庫県明石市西新町3

山陽電鉄本線「西新町」駅徒歩4分
JR山陽本線(神戸線)「明石」駅徒歩14分

3180万円~4780万円
3500万円台(3戸)
2LDK・3LDK
53.18m2・70.19m2
18戸
  • 資料をもらう(無料)

物件名

リベール明石 THE FRONT 第3期(最終期)

JR神戸線「明石」駅・山陽電鉄「山陽明石」駅の2駅2路線へわずか徒歩3分。多数の大型商業施設が整備され、賑わいを見せる明石駅前を日常使いできる恵まれた立地に、駅近レジデンス「リベール明石 THE FRONT」総70邸で誕生【来場予約受付開始!資料請求受付中】

  • 電磁調理器(キッチン)
  • ディスポーザー(キッチン)
  • セキュリティ充実
  • 住宅性能評価書付き
  • スーパーまで徒歩5分

兵庫県明石市桜町

JR山陽本線(神戸線)「明石」駅徒歩3分
山陽電鉄本線「山陽明石」駅徒歩3分

5010万円~5210万円
-
2LDK+S(納戸)・3LDK ※S=FR
72.41m2・75.26m2
70戸
  • 資料をもらう(無料)

物件名

選択した物件を

検索方法を変更

  • エリアから探す
  • 路線から探す
  • 地図から探す
  • 通勤・通学時間から探す

条件を選択

価格

専有面積

間取り

駅またはバス停からの時間

入居時期

更新

キーワード

こだわり条件を選択

設備

立地

構造

規模

山陽明石駅(山陽電気鉄道本線) 新築マンション - OCN不動産

山陽明石駅(山陽電気鉄道本線)の新築マンション一覧。NTTコミュニケーションズのOCN不動産。山陽明石駅(山陽電気鉄道本線)から分譲マンションをエリア、路線駅から簡単検索。豊富な物件情報で住まい探しをサポートします。

明石市 地域情報

明石市は、人口約30万人、県下5番目の人口規模の都市です。2018年に中核市に移行し、2019年には児童相談所を設置しました。瀬戸内海に面しており、明石海峡をはさんで淡路島を眼前に臨め、気候は温暖で、古くは万葉歌人柿本人麻呂によって多くの歌が詠まれた風光明媚な地です。また東経135度の日本標準時子午線上にあることでも有名です。さらに、阪神都市圏と播磨臨海地域、そして海を隔てて淡路・四国と結ぶ位置にあり、海陸交通のうえで重要な拠点となっています。

主な祭り・行事
明石原人祭り 時のウィーク 春旬祭
市区独自の取り組み
手話言語・障害者コミュニケーション条例障害者配慮促進条例(合理的配慮の提供に対する公的助成) 犯罪被害者等支援条例及び犯罪被害者等立替支援金制度 中学校3年生まで医療費完全無料化 第2子以降の保育料完全無料化
子育て関連の独自の取り組み
(1)2016年9月から保育所や幼稚園などに通う第2子以降の保育料の無料化。(2)小学校1年生への30人学級の導入。(3)中学校3年生までの医療費完全無料も継続。(4)2019年度は保育所等の待機児童解消に向け、1,200人規模の受け入れ枠拡大をめざす。

ページの先頭へ