バスセンター前駅(札幌市東西線)の新築一戸建て・分譲一戸建て・一軒家物件一覧 - 新築一戸建て・分譲一戸建て・一軒家 - OCN不動産

バスセンター前駅(札幌市東西線)の新築一戸建て一覧

札幌市北区東茨戸二条1丁目 2750万円

価格2750万円

札幌市北区東茨戸二条1丁目

札幌市東西線 バスセンター前駅 バス38分/「東茨戸2条1丁目」バス停 停歩8分

  • 間取り図
  • 写真
間取り4LDK建物面積109.31m2
総戸数-土地面積170.56m2
  • 住友不動産販売(株) 札幌中央営業センター

  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

グリーンタウン東茨戸

PRコメント
3Dビュー掲載中!
区画「NO3-9」新価格にて分譲販売!
家賃並みのお支払いで「快適なマイホーム」!
足元から暖かい「床暖房の家」モデルハウス3棟公開中!

価格2360万円~2690万円

北海道札幌市北区東茨戸二条1

中央バス 東茨戸2条1丁目 徒歩5分

JR札沼線 拓北駅 徒歩42分

地下鉄東西線 バスセンター前駅 バス38分/東茨戸2条1丁目 停歩5分

  • 間取り図
  • 写真
間取り3LDK+S(納戸)・4LDK+S(納戸)建物面積103.51m2~111.58m2(31.31坪~33.75坪)(登記)
総戸数6戸土地面積165.35m2~184.66m2(50.01坪~55.85坪)(登記)
  • 北海荘建(株)

  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

札幌市北区東茨戸二条1丁目 2680万円

価格2680万円

札幌市北区東茨戸二条1丁目

札幌市東西線 バスセンター前駅 バス38分/「東茨戸2条1丁目」バス停 停歩8分

  • 間取り図
  • 写真
間取り4LDK建物面積103.51m2
総戸数-土地面積170.56m2
  • 住友不動産販売(株) 札幌中央営業センター

  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

札幌市北区東茨戸二条1丁目 2650万円

価格2650万円

札幌市北区東茨戸二条1丁目

札幌市東西線 バスセンター前駅 バス38分/「東茨戸2条1丁目」バス停 停歩8分

  • 間取り図
  • 写真
間取り4LDK建物面積105.99m2
総戸数-土地面積170.56m2
  • 住友不動産販売(株) 札幌中央営業センター

  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

札幌市北区東茨戸二条1丁目 2340万円

価格2340万円

札幌市北区東茨戸二条1丁目

札幌市東西線 バスセンター前駅 バス38分/「東茨戸2条1丁目」バス停 停歩8分

  • 間取り図
  • 写真
間取り4LDK建物面積102.68m2
総戸数-土地面積170.56m2
  • 住友不動産販売(株) 札幌中央営業センター

  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

条件から探す

価格

 ~

間取り

建物面積

 ~

土地面積

 ~

駅徒歩

情報の新しさ

建築条件

敷地権利

キーワード

その他のこだわり条件を見る

バスセンター前駅(札幌市東西線) 新築一戸建て - OCN不動産

バスセンター前駅(札幌市東西線)の新築一戸建て一覧。NTTコミュニケーションズのOCN不動産。バスセンター前駅(札幌市東西線)から新築一戸建て・分譲一戸建て・一軒家・新築住宅をエリア、路線駅から簡単検索。豊富な物件情報で住まい探しをサポートします。

札幌市 地域情報

札幌市は、1922年の市制施行以来、近隣町村との度重なる合併・編入によって市域・人口を拡大し、1970年には人口が100万人を突破、2年後の1972年に政令指定都市へ移行しています。現在では人口190万人を超える(北海道の人口の約3割)、全国5番目の都市に成長しています。気候は日本海型気候で、夏はさわやか、冬は積雪寒冷を特徴としており、四季の移り変わりが鮮明です。

主な祭り・行事
さっぽろ雪まつり さっぽろライラックまつり YOSAKOIソーラン祭り PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル) さっぽろオータムフェスト 札幌国際芸術祭(2014年度より3年ごとに開催予定)
市区独自の取り組み
札幌市自治基本条例 札幌市市民まちづくり活動促進条例 札幌市たばこの吸殻及び空き缶等の散乱の防止等に関する条例 札幌市公衆に著しく迷惑をかける風俗営業等に係る勧誘行為等の防止に関する条例 札幌市住宅耐震化促進条例 札幌市文化芸術基本条例 札幌市子どもの最善の利益を実現するための権利条例 札幌市犯罪のない安全で安心なまちづくり等に関する条例 札幌市環境負荷の低減等のための住宅リフォームの促進に関する条例 札幌市暴力団の排除の推進に関する条例 映像の力により世界が憧れるまちさっぽろを実現するための条例
子育て関連の独自の取り組み
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。

ページの先頭へ