引越し手続き完全マニュアル 【OCN不動産】

引越し業者の選び方

引越し手続き
完全マニュアル

引越し業者の選び方

POINT良い業者を見分ける
1業者側から適切な引越しのアドバイスがあるか
2見積もりの根拠や作業範囲を明確にしてくれるか
料金・サービスに納得できる業者を選ぶ

必ず複数社に見積もりする

引越しを依頼するときには、複数の業者に見積もりを頼んで、納得できる会社を選びます。1社だけだと価格やサービスの比較ができず、高くつく可能性があるためです。

ただし、単に価格が安ければ良いというわけではありません。受注するために見積もりでは安く提示し、あとから追加料金を請求されたというケースもあります。また、時間がかかりすぎたり、荷物の運び方が雑だったりと、サービスの質が低い業者もあるようです。

不明点は聞いて解決

見積もりは無料だとしても、何度も業者とやり取りをするのは気が引けてしまうもの。「手間をかけたら、その分追加料金をとられるのでは?」と不安になる方もいるでしょう。
心配なときは、最初に「無料でやってもらえること」と「どこからお金がかかるのか」を直接業者に聞いておきましょう。

インターネットの口コミなどよりも、直接業者に問合せするほうが確実です。また、業者の「対応力」や「丁寧さ」などもチェックすることができます。

問合せるときには、漏れがないように質問内容をあらかじめリストアップしくことをおすすめします。問合せた内容と日時、担当者をメモしておけば、あとから「言った、言わない」のトラブルになることも防げますよ。

大手は高い?それともお得?

大手の引越し業者というと、金額が高かったり、プランの融通が利かなかったりするイメージがある方も多いでしょう。しかし、実際に見積額を比較してみると、大手のほうが安いということも多くあります。
大手のメリットは、引越し件数が多いため、スタッフも輸送手段も大量に確保されていることなどがあげられます。また、引越しに関するノウハウも、小規模の業者と比べると多い傾向にあります。

引越し業者を選ぶときには、先入観は捨てて、さまざまな規模の業者に見積もりをとってみることが大切です。業者にはそれぞれ強み・弱みがあるので、実際に相談して自分に合っているかどうかを判断しましょう。
また、引越しのプランやサービスは日々変化しています。「前はこうだった」という先入観も捨てて見積もりをとることをおすすめします。

社員VSアルバイト、どちらが安心?

「大事な家具や家電をお願いするのだから、やはりアルバイトよりも社員のほうが安心な気がする」と思っている方も多いでしょう。引越し業者のなかには、「スタッフは全員正社員」と謳っているところもあります。それだけ世の中の「正社員」に対する信頼度が高いということでしょう。

たしかに、少しでも価格を抑えるために、スタッフの人数を減らしたり、慣れないアルバイトを使ったりする業者もあります。しかし、引越しの現場にはアルバイトスタッフが不可欠。なかでも繁忙期はどうしてもアルバイトの割合が多くなりがちです。
ただし、アルバイトのなかには経験値が高く、正社員以上のスキルを持つスタッフもいます。実際に作業現場を見ていると、アルバイトか正社員かまったく気にならないということもあるでしょう。

どうしても気になるのであれば、業者に問合せてみるのもひとつの手です。
「作業をしてくれるのは社員なのかアルバイトなのか」「トラブルがあったときは誰がどう対応するのか」などについて問合せ、返答から判断すると良いでしょう。

トラブルに要注意

せっかく新生活が始まるのに、引越しトラブルに見舞われて嫌な思いをしたくはないですよね。引越しにおいてよくあるトラブルは、荷物のキズ・汚れ・紛失などがあげられます。引越しの際は荷物の損害保険に入るのが一般的です。

ただし、保険料の負担はあるのか、補償内容はどのようなものかは確認しておいたほうが良いでしょう。

トラブルに備えてやるべきこと

人が運ぶ以上、破損などのトラブルは起こりうるもの。万が一のトラブルに備えて、以下のことに注意しましょう。

・スタッフがいるうちに段ボールはすべて開けて、破損などがないか確認する
・引越しの荷物がすべてそろっているか確認する
・責任者の名前を確認する
・破損などに気がついたらすぐに業者に連絡する

大切なのは、業者にすぐに知らせることです。なぜならば、「標準引越運送約款」では、補償できる期間は引越し後3ヵ月以内だからです。時間が経つと運送時のトラブルかどうかが曖昧になってしまうので、早めの行動が大切です。

大事なものを紛失しないように、段ボールには通し番号を記載し、荷物一覧をつくっておくことをおすすめします。その場で照合できれば、気持ちよく引越しを完了できますね。

また、荷物のトラブルだけでなく、追加料金に関するトラブルもあります。
大型家具を玄関から搬入できずクレーンで窓から入れるなど、やむを得ないケースもあるので、業者とよく話し合って判断しましょう。

▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

引越し一括見積もりの流れ
  • 引越し内容を入力
  • 見積もりを比べる
  • 業者を決める

引越し手続き完全マニュアル

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元

ページの先頭へ