引越し手続き完全マニュアル 【OCN不動産】

引越し準備・スケジュール

引越し手続き
完全マニュアル

引越しのスケジュール

「引越しはやるべきことがたくさんあって、何をいつ始めればよいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。引越しは単に荷物をまとめて移動するだけのことではありません。引越し業者の手配や、転居手続きなど、事前準備が大切です。本記事では、引越しの流れごとにやるべきことを解説します。

引越しが決まったらすぐに

退去の報告をする

賃貸物件に住んでいる人は、今住んでいるアパート・マンションの部屋を退去する場合、大家さんや管理会社に連絡する必要があります。これが「賃貸借契約の解約予告」です。一般的には1ヵ月前までに報告することが多いですが、なかには2ヵ月前・3ヵ月前までに報告をしなければいけない物件もあります。解約予告期間を過ぎるとペナルティが課せられるので、契約書を確認しておきましょう。

引越しの日程を決める

新しい住まいが決まったら、すぐに引越しの日程を決めます。「いつでもできる」と悠長に構えていると、直前で慌ててしまうこともあるでしょう。早めに計画を立てて、下調べを開始することが大切です。

引越しのスタイルを決める

引越しをするにあたり、まず決めたいのは「引越し業者に依頼するか」「自分でやるか」ということ。単身者であれば、車を借りて自分で引越しをすることも可能です。この場合は、レンタカー予約を早めにする必要があります。

一方、ファミリーの場合や荷物が多い場合、引越しに時間をかけられない場合などは、引越し業者に依頼したほうがよいでしょう。

引越し業者に見積もりを依頼する

引越し先やスケジュールが決まったら、引越し業者に見積もりを依頼します。このとき、1社のみに見積もりをとるのではなく、複数社に依頼し比較検討することが大切です。

一括見積もりサービスを利用すれば、手間をかけずに迅速に料金が出そろいます。ここからは、見積もり依頼をするときのポイントを紹介します。

一括見積もりを依頼するときに決めておくべき条件

複数社に見積もりをとるときは、同じ条件で依頼をしなければ意味がありません。そのため、あらかじめ条件を整理しておくことが大切です。整理しておきたい条件は以下の4項目です。

1.引越し希望日
引越す時期や曜日によって、料金が大幅に価格変動するため、引越し希望日は事前に決めておくことが大切です。引越し料金を安くしたい場合、以下のポイントをおさえておきましょう。
・繁忙期は避ける
引越しの繁忙期は、入学や就職などによって人が動く3~4月です。この時期は引越し件数が増加するため、料金も高額になります。可能であれば、この時期は避けたほうがよいでしょう。
・土日祝日、大安も注意
土日祝日、大安の日も引越しが多くなります。逆に狙い目なのは、平日や仏滅です。料金を安く設定している業者も多いので、検討してみましょう。
・時間帯にも注意
引越しは、「午前便」「午後便」「夕方~夜便」「時間指定なし」などの時間区分によって料金が異なります。料金が安いのは、「夕方~夜便」や「時間指定なし」です。
ただし、スケジュールが立てにくいというデメリットもあるので、ライフスタイルに合わせて選択しましょう。
2.新居の場所と設備
引越し料金は、「どこからどこに移動するのか」によって料金が変わります。そのため、新居の場所は必ず決めておく必要があります。部屋の階数やエレベーターの有無などによっても料金が変わるので、あらかじめ把握しておきましょう。
また、「持ち込んだ家具がドアから入らなかった」「今使っている洗濯機が置けない部屋だった」などというハプニングにならないよう、新居の寸法やコンセント・アンテナ引込み線の位置などはメモをしておくことをおすすめします。簡単なレイアウト図を作っておくと、引越しのときにも便利ですよ。
3.荷物の量
荷物の量によって、必要な人員やトラックのサイズが変わるので、家具や家電、そのほかの荷物がどれくらいあるのかメモをしておくことも大切です。
4.サービスの内容
引越し業者に依頼するサービスによって、料金は異なります。
・梱包から荷解きまでおまかせしたい
・エアコンの取り外し、取り付けも依頼したい
・ピアノの運搬も依頼したい
・不用品は処理してほしい
など、どのような依頼をするか決めておきましょう。

見積もりは無料!

見積もりは何度依頼しても無料です。ただし、同じ業者に何度も条件を変えてお願いすると混乱してしまいがち。条件を変える場合は、インターネットの一括見積もりなどのサービスを利用したほうが手軽にできます。

見積もりが出たら値引き交渉を

金額がある程度出そろったら、2~3社に絞って価格交渉をスタート。「○○は自分でできるから値引きを」「他社は同じプランでも○円安い」などと、具体的に交渉することで、当初の見積もり額よりもグッと安くなることもありますよ。

引越し料金は、トラックの大きさと作業員の数によっても変わります。これらは部屋の広さによって増減します。広さごとのトラックの大きさと作業員の数の目安は以下の通りです。見積もりのときの参考にしてみてくださいね。

部屋の広さごとに必要なトラックの大きさ(目安)

1DK : 
2tトラック
2DK : 
4tトラック
3DK~4LDK : 
4tロング~10tトラック

引越しに必要な作業員の人数(目安)

1DK~2DK : 
2~3人
3DK~4LDK : 
3~5人
▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

2週間前

荷造り開始

引越し2週間前になったら、荷造りを始めます。荷造りは、引越し作業のなかでも手間がかかる部分です。コツをおさえて、計画的に進めていきましょう。

梱包資材を調達する
荷造りを始める前に、梱包資材を揃えます。用意しておきたい資材は以下の通りです。
・段ボール
・ガムテープ
・ひも
・古新聞紙
引越しに使う段ボールは、引越し業者にもらう方法と、自分で用意する方法があります。業者に引越し作業を依頼する場合、事前に段ボールを用意してもらえるか問い合わせてみましょう。

段ボールはかなりの数が必要になるので、自分で調達する場合は余裕を持って用意をしたほうがよいでしょう。インターネットショッピングで引越し用段ボールをセットで購入すれば、持ち帰る手間が省けます。スーパーなどでお願いをする方法もありますが、すべてのお店でもらえるわけでもなく、使用済みの段ボールは強度も弱くなっているので注意が必要です。

用意する段ボールのサイズは、3辺の合計が140cm前後のものがおすすめです。それ以上大きいと、中身を入れたときに持ち運ぶのが大変なので、運びやすいサイズの段ボールに小分けするほうがよいでしょう。

また、梱包をするときに必要な道具は以下の通りです。
・軍手
・カッター
・はさみ
・筆記用具(太めのマジックペン)
・ごみ袋

途中で買い出しに行くと作業が中断されてしまうので、あらかじめ揃えておくことが大切です。

使っていないものから詰める
「何から詰めればよいのか分からない」という方もいるでしょう。ポイントは、使っていないものから詰めること。
・シーズンオフの服
・本
・DVD、ビデオ
などから手を付けていくとよいでしょう。引越し前に一気にやらず、少しずつやっていくと後が楽でしょう。
荷物の内容と搬入場所を明記する
段ボールには、「なかに何が入っているか」と「どの部屋に搬入するか」を必ず明記しておきます。こうすることで、業者が効率的に搬入でき、引越し後に持物が見つからないということになりません。
また、段ボールには通し番号も記入しておくことで、新居に搬入したあとのチェックにも役立ちます。
本は中くらいの段ボールに詰める
本や雑誌は、大きい段ボールにまとめて入れてしまうと、とても重くなり運ぶのが大変です。小~中くらいの段ボールに小分けして詰めたほうが効率的。
また、ひもでまとめるだけだと、運びにくいので、必ず段ボールに入れましょう。
割物は必ず梱包する
食器などの割物は、必ず新聞紙でひとつひとつ包みます。段ボールに入れたら、隙間にも新聞紙を丸めて入れておきましょう。
引越し業者に梱包から依頼する場合は、自分でやらずに、引越し当日スタッフに任せます。
パソコンはデータのバックアップを忘れずに
パソコンは、購入した際に入っていた箱を使用するのが一番です。ない場合は、エアーキャップやタオルなどを使ってしっかり梱包します。もしものときのために、データのバックアップも忘れないようにしましょう。
冷蔵庫は空にして水抜きをしておく
引越しの日が近づいたら、冷蔵品はなるべき買わないようにして、中身を少しずつ処分していきます。引越し前日には中身をすべて空にして、水抜きもしておきましょう。
すぐ使うものはスーツケースか旅行バッグに
引越し後、すぐに使うものはスーツケースなどにまとめておくと便利です。2~3日の旅行の荷造りをイメージすると、必要なものが見えてくるでしょう。常備薬などは忘れやすいので注意が必要です。
貴重品は必ず手元に
引越し当日に持ち歩くものは、バッグにひとまとめにしておきます。財布だけでなく、貴重品(通帳・印鑑・貴金属・パスポートなど)も手荷物に入れ、肌身離さず管理しておきましょう。
掃除道具は段ボールに入れない
引越し先では、荷物を開梱する前に掃除をします。そのため、バケツや雑巾などの掃除道具は段ボールには入れず、すぐに使えるようにしておきましょう。

不用品のチェック

引越しは、不用品を処分する絶好のチャンスでもあります。「要らないもの」「引越しを機に買換えるもの」を早めに洗い出し、引越し前に処分しましょう。

「使っていないもの」をチェックする
長年押入れに入れたまま使っていないものはありませんか?この際、思い切って処分をしましょう。
「買換えるもの」をチェック
家電製品や家具など、引越しを機に新たに買い換える場合、古いものは処分しておきます。新居に持っていっても、荷物になるだけです。
ごみを処分する
要らないものが分かったら、ごみを処分していきます。粗大ごみなどは直前に捨てられないこともあるので、計画的に捨てていくことが大切です。
粗大ごみは自治体の予約が必要
粗大ごみとして処分が必要なものは、自治体に予約をします。引越しシーズンは予約が埋まっていることもあるので、早めに回収スケジュールを確認しましょう。
家電の処分方法をチェックする
冷蔵庫、エアコン、テレビ、洗濯機などは、家電リサイクル法に沿って処分しなければなりません。処分の方法は大きく分けて3つあります。
・新しいものを購入して、その際に業者に引取ってもらう
・自治体で手続きをする
・指定引取場所に持ち込む
方法によって手数料も異なるので、よく検討しましょう。
リサイクルショップを利用する
まだ使えるものなどは、リサイクルショップを利用するのもよいでしょう。時間に余裕があれば、ネットオークションやフリーマーケットを利用するのも手。友人などに声をかけ、必要なものを引取ってもらうのもおすすめです。

まとめ

ポイントは、新居にごみを持っていかないということ。「とりあえず持っていこう」「あとで捨てよう」という考えはやめて、引越しを機に不要なものはどんどん処分をしてしまいましょう。事前に荷物を減らすことができれば、その分、荷造りも楽になります。

▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

1週間前

引越の手続きをしよう

意外に面倒なのが、引越しに関係する事務手続きです。1週間以上は時間がかかるので、直前に慌てることがないようにしましょう。おおまかな事務手続き項目は、以下の通りです。
・転出届
・国民健康保険の移動
・印鑑登録の消去
・電気、ガス会社への連絡
・水道局への連絡

国民年金は転居先で手続きをするので、引越し前におこなわなくても大丈夫です。チェックリストを参照しながら手続きを進めましょう。
チェックリストを見る

やらなくてはいけないのは事務手続きだけではありません。忘れがちな細かい手続きもあるので気をつけましょう。
・クリーニングを頼んでいたら引取っておく
・図書館へ本の返却
・レンタルビデオ屋への返却
・バイクの登録変更

上記などが、引越す前にやるべきことです。

また、住所が変わると、金融、通信、自動車関係、パソコン関係など多岐にわたって手続きをしなければいけないので、注意しましょう。

▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

前日

整理できたところから掃除を念入りに

賃貸物件の場合は、部屋の状態によって返還される敷金が変わってきます。整理ができたところから、念入りに掃除をしてきましょう。とくに、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りはきれいに掃除することをおすすめします。

引越しの挨拶を忘れずに

お世話になった方への引越しの挨拶は、欠かせないエチケットです。貸主や隣近所、子どもの学校関係でお世話になった方々などへのお礼はきちんと済ませて引越すようにしましょう。

いよいよ明日!事務手続きの抜け漏れをチェック

いよいよ明日には引越しです。事務手続きに抜漏れはありませんか?忘れたまま引越してしまうと、戻ってこなくてはいけなくなることもあるので、再度チェックしておきましょう。

また、前日には以下のことは済ませておきましょう。

  • 1.冷蔵庫と洗濯機の水抜き
  • 2.石油ストーブなどの灯油の処理
  • 3.現金の用意をし手荷物に入れる
  • 4.貴重品を手荷物に入れる
▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

当日

業者が到着するまで

いよいよ引越し当日です。業者が到着するまでに、荷物の最終梱包を済ませましょう。当日まで使用した寝具などをまとめて、貴重品などの手荷物が紛れないように区別しておきます。

「当日までに何をすべきか」については、事前に業者とプランの打ち合わせをするので、不明点は明確にしておくとよいでしょう。相手はプロなので、的確に教えてくれるでしょう。

当日、業者が到着するまでにチェックしておくこと

  • ・貴重品はひとまとめになっているか
  • ・引越し先の家具配置図はできているか
  • ・段ボールに、荷物の中身と配置場所が明記されているか
  • ・冷蔵庫は空になっているか、水抜きができているか

業者が到着したら

業者が到着したら、荷物の搬出が始まります。スムーズにミスなく引越し作業が進むように、しっかりと指示を出すことが大切です。

1人は現場に残って指示を出す
家族で引越す場合、必ず1人は現場に残り、指示を出します。引越し作業中に曖昧な指示を出してしまうと、やり直しになったり、トラブルの原因になったりするケースもあります。明確に答えられる人が現場に残るようにしましょう。
荷物の運び出しやトラックの積込みは作業員に任せてOK。確認すべきなのは、荷物の個数や積残しがないかということです。また、電気・ガス・水道・電話料金の精算を済ませます。
搬出が終わったら、掃除と全体チェックを忘れずに
荷物の搬出が終わったら掃除をします。ベランダなどに植木鉢やごみなどが残っていないかどうかもチェックします。
全体をチェックしたら、貸主の立会いのもと部屋の明渡しと鍵の返却をして完了です。

新居に到着

新居へは自分の足で向かいます。搬入作業を始める前に、管理員や隣近所にあいさつをするのが理想的です。

搬入は、大きな家具や家電のあとに、段ボールに詰めた荷物という順番でおこないます。大型の荷物の配置などは、事前に間取り図に指定した用紙を引越し業者に渡しておくとスムーズにいくでしょう。段ボールに詰めた荷物は、1つの部屋にまとめておかず、実際に荷物を置く部屋に直接搬入しておけば、荷解きもスムーズです。

電気・ガス・水道の開通・開栓
電気と水道は、入居と同時に使えるようになっていることが一般的です。ブレーカーを上げて電気を通し、それから水道の元栓を開けるようにしましょう。
ガスは立会いのもと、ガス会社の人に開栓してもらいます。いずれもあらかじめ手続きが済んでいないと引越し当日から使えないので、注意しましょう。
すぐに必要なものはひとまとめに
引越してすぐに使いたいものは、ひとまとめにしておくことをおすすめします。
・トイレットペーパー
・ごみ袋
・カッター
・軍手
・掃除道具
上記のようなアイテムは、すぐに使えるように準備しておくと便利です。
家電製品は早めに接続を
テレビや冷蔵庫、照明器具、パソコンなどは、すぐに使用できるようにしておくと安心です。搬入されたら早めに設置し、接続しましょう。
カーテンの設置は日中に
意外と見落としがちなのがカーテンです。夜になってから慌てることがないように、日中には設置を終わらせましょう。
紛失物がないかどうかをチェック
搬入作業が終わったら、足りないものがないかどうかを必ずチェックします。段ボールにあらかじめ通し番号を記入しておけば、確認もスムーズです。
また、壊れ物や大切なものは、荷をほどいて傷などがないかチェックします。必要に応じて、作業員に保証などの手続きを確認しておくとよいでしょう。
片づけは一気にやろう
新居に入ったら、片付けはできるだけ早めに終わらせてしまいましょう。「後回しでも大丈夫」と考えていると、いつまでたっても片付きません。
コンビニやスーパーの場所をチェック
引越しが一段落したら、新居の近くのコンビニやスーパーなどの場所をチェックしておきましょう。キッチンが使えないなかで、飲み物やお弁当などの買い出しに行くときにも便利です。
▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

引越し後

引越し完了まであと一歩!転居後は…

荷物の搬入が終わっても、まだまだ引越し作業は続きます。荷解き、後片付け、諸手続きなど、優先順位を決めて着実に進めましょう。

ごみの出し方やスケジュールを確認
引越し後は、ごみもたくさん出ます。ごみの出し方は、自治体ごとに異なるので、新居の自治体のルールを確認する必要があります。
梱包に使用した新聞紙や段ボールは、資源ごみに出せるよう、畳んでひとまとめにしておきます。ただし、引越し業者の段ボールを使用した場合、後日回収をしてくれることも。回収スケジュールを確認しておきましょう。
近隣への挨拶をする
引越しが一段落したら、あらためて隣近所へ引越しの挨拶をすることが望ましいです。当日または数日以内に済ませるようにしましょう。手土産はあらかじめ用意しておくとスムーズです。また、転居挨拶状の発送も早めにおこないます。
転居後の手続きを忘れずに
転居後は、区市町村でさまざまな手続きをおこなう必要があります。転居後2週間以内におこなう手続き項目は、以下の通りです。
・転入届
・印鑑証明の登録
・マイナンバーカードの住所変更
・国民年金・厚生年金の住所変更
・福祉関係の手続き(児童手当、母子手帳など)
・国民健康保険の住所変更
また、運転免許証の住所変更や、自動車・バイクの登録変更も忘れずに。
敷金の精算をして、引越し完了!
退去立会いが終わってしばらくすると、転居先に敷金精算の書類が送られてきます。精算が完了すれば、引越し完了です!
▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

引越し一括見積もりの流れ
  • 引越し内容を入力
  • 見積もりを比べる
  • 業者を決める

引越し手続き完全マニュアル

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元

ページの先頭へ