引越し手続き完全マニュアル 【OCN不動産】

引越しQ&A

引越し手続き
完全マニュアル

引越しQ&A

引越しに関してよくある質問をまとめました。詳細は各業者によって異なることもあるため、ホームページで確認したり、直接問い合わせたりしましょう。

引越し作業をおこなうときは、何から運び出すの?
荷物の搬出は、「荷物を下ろす順番を考えながらおこなう」のが基本!
引越しのときには、最初に段ボールなどから運び出してトラックに入れていき、最後に大きな家具を運びます。こうすると、荷台の一番手前に大型の家具があるため、新居に到着したとき、家具から出して設置することが可能になるからです。
仮に、段ボールを先に新居に入れてしまうと、あとから家具を設置する際に、段ボールをどけなくてはならず、二度手間になってしまいますよね。
また、複数のトラックで荷物を運ぶときも、最初の便で大きな家具を運んで搬入してしまいます。先に大きな家具を設置しておくと、あとの作業がグっと楽になります。
そのためにも、新居のどこに大きな家具を設置するのかをあらかじめ決めておくことが大切です。
搬入・搬出には、プロならではのスムーズに進めるコツがあります。自分でやるときもぜひ参考にしてみましょう。
引越しをキャンセルした場合はどうなるの?
決められた期日までにキャンセルをしないと、キャンセル料が発生します!
正式に申込みをした引越しは、決められた期日までにキャンセルをしないと、キャンセル料が発生します。この期日は、「引越約款」によって定められていますので、全社共通の決まりです。申込みをする際には、必ず引越約款をチェックして、万が一の場合に備えておきましょう。
  • 引越前日のキャンセル → 引越料金の10%以内
  • 引越当日のキャンセル → 引越料金の20%以内
引越し日の前々日までに引越し業者にキャンセルを申し出ない場合には、上記のキャンセル料が発生します。これは日程の延期の場合も同様です。
一方、引越約款では業者は申込者に対して、「引越し日の2日前までに見積もり書の記載内容について確認する」と定められているので、引越しの2日前までには業者から確認の連絡があるはずです。
業者が確認の連絡を怠った場合で、申込者が引越し前日、または引越し当日にキャンセルした場合には、申込者はキャンセル料を支払う必要はありません。
引越し後の段ボールは回収してもらえますか?
無料で回収してくれる会社が多い!スケジュールは確認を。
引越しで大量に使う段ボール。自分で捨てるとなると、手間がかかりますし、ご近所に迷惑をかけてしまうかもしれません。
引越しに使った段ボールは、大手の業者の多くは無料で回収してくれます。ただし、長距離の引越しの場合、中小業者の場合は回収できないケースもあるため、事前に問い合わせておいたほうが確実です。
また、いつごろ回収してくれるのかも確認しておきましょう。あまり回収の時期が早いと、荷物を整理しきれていないこともあるので、余裕を持ってお願いするほうがよいかもしれません。また、荷解きをせずに段ボールごと保管しておきたいものがある場合は、その旨も伝えると安心です。
荷物を出して空になった段ボールは、畳んでまとめておくことで回収がスムーズになります。また、業者の回収が終わったあとに、ごみとして処分をする場合は、リサイクル品として出すのが一般的です。住まいの自治体のルールに従って処分をしてくださいね。
タンスの中の衣類は入れたままでも大丈夫?
業者によって異なるので、見積もりのときに確認を!
タンスの中をどうするかについては、業者によって異なります。
ハンガーにかかった洋服をそのまま専用のボックスに入れて運ぶ業者もありますし、中身の状態(タンスを横にしてもあまり中の洋服には影響がないなど)によっては入れたままでOKという業者もあります。
引越し当日に慌てないよう、見積もりの際に確認しておくと安心ですね。
引越しスタッフにチップ(心づけ)は必要?
基本的には不要!渡したい場合は1人1000円程度を目安に。
引越しのとき作業スタッフに渡すチップは、昔からの習慣ですが、基本的には引越し料金代に含まれているのでチップを渡す必要はありません。大手業者の場合は、事前に「チップは必要ありません」としているところもあります。
ただし、一生懸命やってくれるスタッフを見ていると、「少しでもチップを」と考えてしまうのも人情。その場合は、1人当たり1000円程度を「お昼代に」などとさりげなく渡すとよいでしょう。渡すタイミングは、作業を始める前の説明の時か、休憩時がスマートです。
また、現金ではなくペットボトルなどの飲み物を人数分差し入れする場合も多いようです。
引越し代金の支払い方法は?
さまざまな方法があるので事前に決めておこう!おつりのないように用意を。
引越し料金の支払いについては、
・クレジットカード利用
・振込
・当日現金で渡す
など、いくつかの方法があります。見積もりの際に確認して、支払い方法を決めておきましょう。
当日現金で支払う場合は、必ずおつりのないように準備するのがマナー。額をそろえて封筒に入れて手渡しし、その場で確認してもらいます。
また、支払いの方法に関わらず、請求額と見積もり料金がピタリと合っているかどうかを必ずチェックすることも忘れずに。領収書はもらって保管しておきましょう。
▼最大10社に一括見積もりを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

引越し一括見積もりの流れ
  • 引越し内容を入力
  • 見積もりを比べる
  • 業者を決める

引越し手続き完全マニュアル

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元

ページの先頭へ