日本ライン今渡駅(名鉄広見線)の中古一戸建て・中古一軒家物件一覧 - OCN不動産

日本ライン今渡駅(名鉄広見線)の中古一戸建て・中古住宅一覧

検索条件 : [沿線]名鉄広見線  [駅]日本ライン今渡

名鉄広見線

「一戸建て(新築・中古)」に掲載されていた新築物件は「新築一戸建て」に移動しました。

日本ライン今渡駅の「新築一戸建て」はこちら

並び替え

第一候補    第ニ候補 

リセット

9

表示件数

選択した物件を

  画像 住所
最寄り駅
価格 土地面積
建物面積
間取り 種別
築年月
(築年数)

可児市今渡 600万円

可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩10分

600万円 172.67m2/
96.05m2
4LDK 中古住宅
1996年4月
(築23年)

センチュリー21株式会社 長坂不動産

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

可児市今渡 2600万円

可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩14分

2600万円 474.25m2/
190.62m2
4SLDK 中古住宅
1998年2月
(築21年)

ハウスドゥ!可児店 (株)新和建設

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

可児市今渡 1980万円

可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩7分

1980万円 226.58m2/
145.74m2
4SLDK 中古住宅
1997年10月
(築22年)

(株)早川不動産 本店

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

可児市川合北3丁目 2980万円

可児市川合北3丁目

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩24分

太多線 美濃川合駅 徒歩29分

2980万円 209.25m2/
127.3m2
4LDK 中古住宅
2011年4月
(築8年)

(株)アルフハウジング

  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

可児市今渡 680万円

可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩16分

680万円 154.63m2/
99.29m2
6DK 中古住宅
1977年12月
(築41年)

(株)カメヤ不動産

  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

可児市今渡 2680万円

可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩18分

2680万円 539.84m2/
141.02m2
4SDK 中古住宅
1980年8月
(築39年)

太陽ハウジング

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

可児市今渡 2680万円

可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩18分

名鉄広見線 可児川駅 徒歩25分

2680万円 539.84m2/
141.02m2
4SLDK 中古住宅
1980年8月
(築39年)

ホームメイト可児店 (株)メディア不動産

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

岐阜県可児市今渡 2680万円

岐阜県可児市今渡

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩18分

2680万円 539.84m2/
141.02m2
4SLDK 中古住宅
1980年8月
(築39年)

株式会社新和建設 ハウスドゥ可児店

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

岐阜県可児市川合北3丁目 2980万円

岐阜県可児市川合北3丁目

名鉄広見線 日本ライン今渡駅 徒歩24分

2980万円 209.25m2/
127.3m2
4LDK 中古住宅
2011年4月
(築8年)

株式会社新和建設 ハウスドゥ可児店

  • 間取り図
  • 写真
  • お気に入りに登録
  • 資料請求・お問い合わせ(無料)

選択した物件を


基本情報

価格

 ~

間取り

建物面積

 ~

土地面積

 ~

築年数

駅からの時間

建物構造

階数

画像

情報の新しさ

キーワード

人気のこだわり条件

その他のこだわり条件を見る

日本ライン今渡駅(名鉄広見線) 中古一戸建て - OCN不動産

日本ライン今渡駅(名鉄広見線)の中古住宅一覧。NTTコミュニケーションズのOCN不動産。日本ライン今渡駅(名鉄広見線)から中古一戸建て・中古一軒家・中古物件をエリア、沿線駅から簡単検索。豊富な物件情報で住まい探しをサポートします。

可児市 地域情報

可児市は、1955年2月に旧7か町村が合併して可児町となり、高度成長期の住宅開発による人口増を経て、1982年に全国で640番目の市として市制施行しました。2005年5月に兼山町と飛び地合併し、現在の可児市となりました。岐阜県中南部に位置し、名古屋市から30km圏内にあり、北部はおおむね平坦で、南部は県下最大級の工業団地、住宅団地やゴルフ場が点在する丘陵地となっています。

主な祭り・行事
子守神社大祭 土田白鬚神社流鏑馬祭 久々利八幡神社大祭 可児夏まつり 兼山祭(戦国武者行列) 春のバラまつり 秋のバラまつり 洞窟夏祭り 帷子花火大会 可児シティマラソン 美濃金山城桜まつり カタクリまつり もみじ祭
市区独自の取り組み
可児市子どものいじめの防止に関する条例(全市でいじめの解決に取り組むため「子どものいじめ防止」に特化した全国初の条例。専門委員会の常設、市長部局が所管も特徴) 可児市支え愛地域づくり事業(市民の地域社会貢献活動の全面的な応援、活発化のため、子育てや高齢者を支えるボランティア活動にポイントを付け、これを市内の協力店で使える地域通貨(Kマネー)と交換できるもの。地域通貨は、地域経済の活性につながる)
子育て関連の独自の取り組み
キッズクラブ(地域のボランティアが参加する学童保育)。子供たちの健全な育ちや子育て世代の絆づくりの助けとなる活動、または特別な支援を必要とする子育て家庭などを支援する活動を行う団体への助成制度。

同じ条件で他のジャンルを探す

ページの先頭へ